外構をリフォームするメリットや目的|堺市・泉北地域の外構・造園・エクステリア工事専門店 西川技建です。

外庭
  • お問合せフォーム
  • 代表ブログ
  • Facebook
  • You Tube

質問

外構をリフォームするメリットや目的とは?

主人の地元である堺市で家を建てからもう30年近く経ち、ようやくあと少しで住宅ローンから解放されます。
家を建てたのが早かったので、まだお互いの定年までには時間があって、もう子供たちも全員独立してお金もかからなくなったので、住宅ローンがなくなれば、自分で稼いだお金は自由に使えるようになるし、定年後は二人分の年金がもらえれば老後の心配もないので、貯金を使って古くなった外構のリフォーム工事をしようと計画しています。
前からガーデニングに興味があって、ハーブづくりができる庭も欲しいと思っているので、それも相談できる外構工事業者を探しているのですが、貴社は堺市の外構工事専門店で、庭造りや植物のことも詳しいと聞いて連絡させてもらった次第ですが、そもそも庭づくりの他に、外構をリフォームする目的やメリットとはどういったものでしょうか?
門扉や塀は見た目はかなり汚くなっていますが、頑丈な石やコンクリートで造られているので、このままでもいいと思っていますのが、何か工夫する点とかがあるなら教えてください。

回答

便利さや快適さを得られるようになります

外構も家と同じように、リフォームすることで、そこに住む人たちの気持ちも新たにすることができて、キレイにすることで単純に喜びと幸せを得られます。
今の外構で満足している場合は無理にリフォームする必要がありませんが、外構といっても門扉やフェンスなどの他にも、庭や駐車場やウッドデッキなどいろいろな箇所がありますので、どこか使いにくさを感じていることや、ライフスタイルの変化に伴い、変更が必要なところも出てくるのが普通です。
無駄な動線などを取り去って、広い庭をつくることでも、快適さを得られることになるでしょう。
見た目が古くても構造体がしっかりしている場合は、クリーニングすることで賄えることもありますので、当社ではそれも含めて外構のリフォームの相談にしっかり対応いたします。

PageTop