外構のリフォームの種類と気を付けるポイント|

外庭
  • お問合せフォーム
  • 代表ブログ
  • Facebook
  • You Tube

質問

外構のリフォームの種類と気を付けるポイントは?

堺市内で予算に合う築浅の中古物件を探していて、家に関してはこれだと思える素敵な物件が見つかりました。
値段もかなり安くて、外構をリフォームしたとしても予算で十分に収まると思います。
ということで、家自体は完璧なのですが、外構全体が気に入らなくて、リフォームしてもらいたいのですが、これまで建物に関してはいろいろ勉強してきたのである程度詳しくなって知識もあるのですが、外構に関しては全くの素人で、気に入らないのもとにかく閉鎖的で地味であるということしか言えないですが、基本的に外構にはどのような種類があって、どこに気を付けて工事をすればいいのか知りたいので、簡単でいいので分かりやすく教えてください。

回答

門まわりが家の印象を左右します。

外構には、主に「オープンスタイル」「クローズドスタイル」「セミクローズドスタイル」の3つがあります。
その名の通りに、オープンスタイルとは、開放的な外構で、敷地の境界線にフェンスや門扉を設けないのが特徴で、樹木などで境界線を示す場合もありますが、やはりプライバシーの確保が難しなり、セキュリティー面には不安が残ります。
メリットは、開放感を得られて費用を抑えられることです。
その反対がクローズドスタイルで、おそらく現在リフォームを考えているのはこちらのスタイルだと思います。
背の高いフェンスや門扉を設置することで、周囲からの視線を気にすることなく暮らすことができるメリットがあり、セキュリティー性も高くなりますが、やはり家全体に圧迫感を与えてしまい、閉鎖的になるデメリットがあります。
その両方を組み合わせたのがセミクローズドスタイルで、部分的に開放感をもたせたり、自由にコーディネイトすることができます。
プライバシーもセキュリティーも守ることができます。
家の印象を大きく変えるのが門まわりで、外構のリフォーム工事を行う場合もとても重要なポイントになります。

PageTop