外構工事が必要な理由と工事の種類|

外庭
  • お問合せフォーム
  • 代表ブログ
  • Facebook
  • You Tube

質問

外構工事が必要な理由と工事の種類とは?

この度念願だった家を堺市内で建てることになり、かなり前から将来のマイホームについて自分なりにたくさんの夢を持っていろいろ調べていましたが、正直外構工事については全く頭になくて、打ち合わせの際に自分の希望を施工会社にしっかり伝えて見積書を出してもらうと、そこに外構工事という項目があって、それなりの金額が提示されていました。
私としては特に大きな庭は必要ないし、門扉があればいいくらいなのですが、バカな質問かもしれませんが、外構工事が必要な理由と、具体的な工事の種類を教えてください。

回答

防犯やプライバシーの保護にもつながります

どうしても家を建てる時には、多くの方が建物とインテリアにだけ目がいきがちですが、外構工事は住宅建設の中ではとても重要な役割を持っていて、その意義は大きいです。
例えば、隣家との境界上にフェンスや塀を設置することで、境界の役割を果たします。
大きな庭も要らないし、門扉があればいいと考えていても、もしも庭や塀やフェンスが全くなければ、殺風景なだけではなく、空き巣や泥棒に、どうぞ侵入してくださいと言っているような、防犯性の低い家になってしまいます。
また塀やフェンスを設置すれば、外部からの視界を遮ることができ、プライバシーの保護にもつながります。
外構工事にはいろいろな種類があって、一口に塀と言っても、コンクリートやタイルやレンガなど、材料も様々で、既製品の安く設置できるフェンスも揃っているので、予算に合わせて設置できます。
車を所有していれば駐車スペースも必要で、所有していなくても来客用に設置する方もたくさんいらっしゃいます。
庭に生垣を設ければ、メンテナンスも必要になりますが、草木を植えることは精神的にも癒しを得られることになり、お手入れのほとんどいらない植物を選ぶこともできます。

PageTop