主な外構工事の種類|

外庭
  • お問合せフォーム
  • 代表ブログ
  • Facebook
  • You Tube

質問

主な外構工事の種類とは?

母が来月の誕生日を迎えると、ついに両親共80歳を超えます。
お陰様で父も母も頭の方はしっかりしていますが、足腰は確実に弱っていて、堺市の実家はこれまで何度かリフォームしてバリアフリーにもしましたが、外構に関しては玄関から出てすぐに段差が多い階段があって、庭の至る所にも段差があるので、庭いじりを趣味にしている母が去年は段差につまずいて足を捻挫したり、軽い怪我も含めると数え切れないくらいです。
特に父は、いつ車椅子生活になるか分からない状態なので、そうならないうちに早めに外構のリフォーム工事をするように勧めているのですが、無理やり行動に起こさないといつになるか分からないので、兄弟で相談して、工事費用は自分たちで負担して、それを母の誕生日祝いにすることにしました。
まずは、最も危ない玄関と庭の段差をなくそうと思っているのですが、実家の庭はかなり広くて、全面リフォームとなるといくらかかるか分からないので、その他の部分は引き続き両親とも相談からにしようと考えています。
外構のリフォーム工事にはどのような種類があるのか、代表的なものを教えてください。

回答

防犯効果を高めるリフォームも増えています

高齢化が加速する中では、やはりご指摘の通りに玄関の段差をなくするアプローチのリフォームが、外構工事では増えています。
その際には、手すりや傾斜が緩やかなスロープを設置する方が多いです。
以前と比べて空き巣や泥棒も増えているので、防犯効果を高めるリフォームを行う方も増えていて、お庭や住居の周りにフェンスを目隠しとして設置するケースが多いです。
門扉や門柱を設置、または交換することも、外構のリフォーム工事には多く、家族構成の変化によって、カーポートを設置、または駐車スペースを撤去して、そこにウッドデッキを設けたり、趣味のガーデニングや家庭菜園を行うスペースに変更する方も、最近では目立っています。

PageTop