外構工事をする上での注意点|堺市・泉北地域の外構・造園・エクステリア工事専門店 西川技建です。

外庭
  • お問合せフォーム
  • 代表ブログ
  • Facebook
  • You Tube

質問

外構工事をする上での注意点は?

仕事で全国を転々としてきましたが、ようやく地元である堺市に腰を落ち着けられるようになって、念願のマイホームを建てることになりました。
来年で40歳になりますが、半分マイホームを諦めかけていて、このまま一生賃貸になる可能性も高いと考えていたので、かなり嬉しくて妻とも絶対失敗しないように、慎重に安心して任せられる施工会社を探している途中です。
家を建てることに夢中になっていて、危うく外構工事を忘れていましたが、マイホームを先に建てた地元の同級生や友人などの意見も取り入れようといろいろ意見を聞きながら参考にできるところがないか回っていると、最も素敵だと思えた家を建てていた高校時代の友人から、家の良さを決める大事なポイントとして外構があって、どこに工事を任せるかが重要だというアドバイスを受けました。
家と外構を別の業者に依頼する概念がそれまでなくて、そんなことができるのか?と思いましたが、実際にその友人も家に詳しい人からそのことを聞いて、外構工事と家の建築を別々にしているケースは多いということでした。
そこで外構工事をする上で、注意するポイントを教えてください。

回答

デザインと機能面と防犯対策に注意しましょう

外構工事と家の建築を別の業者に依頼する場合、建物の雰囲気と合わせて、景観のバランスも考えてデザインをすることが重要になりますが、機能性もとても大事な要素の一つです。
デザインが完璧でも、使い勝手が悪いと後悔することになりますので、日々のメンテナンスでも自分たちが対応可能な部分をきちんと理解した上で、外構づくりを進めてもらう必要があります。
一軒家の場合は、特に防犯対策を忘れてはいけません。
外から隠すことだけが防犯対策ではなく、死角を作らないようにオープンスタイルにすることも防犯につながりますので、プロの意見をしっかり取り入れて、デザインや機能や防犯について詳しい外構工事業者を選んでください。

PageTop